はらんちの毎にち

トラックバック・コメントはお気軽にど〜ぞ

山内薫とほぼテラご近所バンド@Terra(2009/9/29)


山内薫とほぼテラご近所バンド@Terra(2009/9/29)

メンバー
山内薫(b)
稲葉政裕(G)
臼井かつみ(Dr)
高瀬順(key)
橋本 仁(Vo)
近藤ナツコ(Vo)

テラでびゅー(笑)でした。
そんなに広くない店内にぎっしりの観客。
演奏がとにかくカッコよくて(演奏にはもちろんVoも含まれます)、
このメンバーのライブを観にいくといつも鳥肌の大興奮で、
自分もそんなライブが出来るようになりたいとムラムラ(笑)します。
疲れた心身への最高なカンフル剤となりました☆
また、シークレットゲスト(笑)も堂々とした歌いっぷりで濃ゆいDNAを感じたのでした(^m^)

-

-

ニッポン放送開局55周年記念コンサート オールナイトニッポン歌伝説@東京国際フォーラム(2009/9/13)


ニッポン放送開局55周年記念コンサート オールナイトニッポン歌伝説@東京国際フォーラム(2009/9/13)

出演者:
STARDUST REVUE
渡辺美里
いきものがかり
ゆず(スペシャルトークゲスト)
さかいゆう(オープニングアクト)
absorb(オープニングアクト)

オールナイトニッポンのジングルはとても懐かしくて。
オープニングアクトの方々は残念ながら全く存じ上げなかったのですが、
スペシャルトークゲストのゆずも結局は2曲歌ってくれたし、
知っている曲をたくさん演ってくれてとっても盛り上がって楽しかったです。
特にスタレビの「と・つ・ぜ・ん Fall in Love」にあわせての体操(笑)
客層が老若男女なのにみんなやってて(自分らもやってた訳ですが)すごくウケました。
あー楽しかった☆

-

-

楽園音楽祭 2009 STARDUST REVUE@日比谷野外大音楽堂(2009/8/28)


楽園音楽祭 2009 STARDUST REVUE@日比谷野外大音楽堂(2009/8/28)

ゲストに杉山清隆さん。
人生初野音。
最高のライブでした。

晩御飯はドラマ『キミ犯人じゃないよね?』のロケ地にもなった「串特急 虎壱横丁
料理も美味しかったし、お店の雰囲気もよかったのでぜひリピしたいな、と。
ただし、場所が虎ノ門なので現実的にはリピが難しい。。。(悲)

-

-

山本兄弟セッション@高円寺JIROKICHI(2009/08/18)


山本兄弟セッション@高円寺JIROKICHI(2009/08/18)

山本 一sax、山本 公樹sax、稲葉政裕g、草間信一key、杉野寿之dr、坂本竜太b
guest:せんどーゆきsax←漢字が不明のためひらがなで(笑)

4月に行けなかった山本兄弟セッション、おひさしぶりです。

仕事をほぼ定時であがって向かった高円寺。

6時過ぎにはJIROKICHIに到着したけれど、既に整理券番号17番。えー。

もっとも整理券を配っていることをフクちゃんに聞かなければ、もっと後に入場することになったところ。

フクちゃん、ほんとうにありがとう。

さて、平日は夫がなかなかライブ参戦出来ないので、本日も妻一人で参戦、咳魔の妻はカウンターの一番端に陣取ってライブ鑑賞です。

開園時刻近くには番長が脇にやってきて今回も一緒に観ることに(^-^)。

超満員のJIROKICHI。恐るべし山本兄弟、いや、さすが!山本兄弟です。

ほぼ定刻にライブが始まりましたが、もう、素晴らしすぎる演奏にただただ圧倒されまくり。

一さん、公樹さんのサックスもいなぴーのギターも他のバンドメンバーの方々の演奏も、妻の貧弱なボキャブラリーでは到底説明できないぐらいのすごさで。

実際のところ、基本となる曲はあるけれど、セッション大会のようなものなので、そのアドリブ合戦みたいな演奏がマジですごいんですね。

ほげーーーっという感じ(笑)でほんとうにすごかったなぁ。。

夜が更けてのアンコールでは現役女子大生である、せんどーゆきちゃんが加わって3本のサックスでの演奏です。

このゆきちゃんがもう可愛くて可愛くて萌え〜なのです☆

体も小さくて華奢なのに、テナーサックスででっかい音を出すんです。しかもとてもいい音色で♪

まだまだ未成年だというゆきちゃん。

今後の活躍がとっても楽しみです(^-^)

ということで、体調がイマイチのため終演後はそそくさと帰路についた妻ですが、生ライブでエネルギーを充電し、リフレッシュ出来て最高な時間でした。

今度はぜひとも万全の体調で参戦したいと思います☆

-

-

チューリップVSオフコース@国立リバプール(2009/06/27)


チューリップVSオフコース@国立リバプール(2009/06/27)

手を負傷したにも関わらず、新曲にチャレンジ!もあったり、気ばかりが急いた5月。

6月に入ってドクターの許可が出てから、自分なりにひたすら練習に明け暮れた日々だったけれど、

リハでは、あまりの出来にものすごく凹んだこともありました。

そんなこんなで迎えたライブ当日。

ファ#(今回吹く最高音)の不安定さは相変わらずだったけれど、自分なりにはやりきった感を持ってライブに挑むことができました。

余裕を見て自宅を出発したにも関わらず、首都高では渋滞に巻き込まれ最終リハに遅刻。幸先悪し、でした。

そんな流れを断ち切るべく、最終リハが行われた多摩スタから国立リバまでは短い距離ながらも高速を使って余裕をもって現場に到着。

集合時刻となり、音出しの準備を開始です。

が。

メンバーの1人にとあるトラブルがあり、全員では音出しが出来ない事態に。

それでも、万が一の想定もし、出来うる限りのことをして音出し終了です。

そして、チューリップバンドさんの音だしの後、チューリップバンドさんのライブ開始。

かなり予定時刻を押して我がバンドreal mindのライブ開始、となりました。

がが。

3曲目が終わり、夫のMCが始まるや否や、PAさんがステージに来られて『サックスの音が来てません』と。

えーーーーー!!!!

です。

だってですね、3曲目ってね、サックスの音色をとってもお聴かせできる(予定(笑))の曲だったんですよ。

だから、曲前に妻がしたMCでは、そこを聴いていただこう、というMCにしちゃったんですよ。

なのに、サックスの音が出てない?ですと??

もちろん、電子楽器ではないので、それなりの音は出ているのですが、爆音バンドであるreal mindの中にあっては、生音で対抗するのは聞こえていないのも同じ。

だからこそ、PAさんが焦ってステージに来られたわけで。

みゅーーーん、、、、です。

しかも、あれやこれやPAさん&夫が手をほどこしてくれるもなかなか解決に至らず、このトラブルのために、もの凄い時間を費やしてしまいました。

聴きに来て下さったお客様、そして、バンドメンバーのみんな。

本当に申し訳ありませんでした。<(__)>

最終的には直接ラインをつなぐ形でサックスの音を出すこととなり、準備していたウィンドシンセの出番もなくなり、期せずしてサックス1本で勝負することとなったものの、PAさん側でエフェクトを掛けて下さったこともあり、今まで演ったライブの中では、一番自分の音を聴きながら演奏することが出来たライブとなりました。

そんなトラブルがあったにも関わらず、お客さんはとても温かく、ノリの良い曲ではとってもノッて下さったし、たくさん唄って下さったし、とても気持ちよくライブを終えることが出来ました。

特に、アンコール2曲目の『さわやか〜』での会場の一体感は忘れられないと思います。

それぐらい嬉しかったし、感動したライブとなりました。

自分自身としても、やってしまった点、課題点はたくさんあるけれど、今の自分に出来うる能力の全てを出し尽くすことが出来たライブとなり、満足度はMAXです(^-^)

お忙しい中、ご来場いただいた皆様。

本当にありがとうございました!
今後とも、real mindをどうぞ、よろしくお願いいたします。<(__)>

-

-

Calendar
<< December 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
Categories
New Entries
Archives
Profile
Recommend
【自己ベスト-2】…
自己ベスト-2

小田和正
Recommend
【安全地帯VI LIVE 月に濡れたふたり】…
安全地帯VI LIVE 月に濡れたふたり

安全地帯
松尾由紀夫
星勝
松井五郎
BAnaNA
井上陽水
Recommend
【HEAVEN’S GRACE】…この人はすごい!衝撃的でした。
HEAVEN’S GRACE

谷本光